新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金

公開日 2022年07月01日

更新日 2022年07月04日

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金とは

 新型コロナウイルスの感染拡大を防止するとともに、感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活を支援し地方創生を図るため、地方公共団体が地域の実情に応じてきめ細やかに必要な事業を実施できるよう、「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」(以下、「臨時交付金」)が令和2年度に創設されました。
 臨時交付金は、新型コロナウイルス感染症への対応として必要な事業であれば、原則として使途に制限はありません。

 石井町においても、町内での感染拡大防止、地域経済の安定確保、ポストコロナに向けた環境整備など、状況に応じた事業を実施しております。

実施計画

 臨時交付金は、実施計画に掲載した事業に対して活用することができます。

 石井町の実施計画は、次のとおりです。

令和2年度実施計画[PDF:451KB]

令和3年度実施計画[PDF:490KB]

事業実施状況及び効果検証について

 臨時交付金を活用して実施した事業については、事業完了後に実施状況や効果の検証についてホームページへの掲載によりその内容を一般に閲覧できるようにするなど、広く透明性を持った手法で行う必要があります。

 このことから、臨時交付金を活用して実施した事業の実施状況及び効果検証について、次のとおり公表します。

令和2年度実施計画実績及び効果検証[PDF:340KB]

お問い合わせ

財政課
TEL:088-674-7501

お問い合せはこちら

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード