町長のご挨拶

小林ともひと

ようこそ、石井町のホームページへ。

 石井町は、県都徳島市の西に隣接し、地形は東西約6キロメートル、南北約5.5キロメートルのほぼ方形で、面積28.85平方キロメートルの非常にコンパクトな町です。

 昭和30年に旧石井町と浦庄・高原・藍畑・高川原村の1町4村が合併して成立し、それ以後いわゆる平成の大合併には参加せず、自立の道を歩んでいます。

 人口は約26,000人。豊かな自然と比較的温暖な気候に恵まれ、昔ながらの田園風景を残しながらも、隣接する徳島市のベッドタウンとして発展し続け、県内16町村の中では2番目の人口規模を誇っています。

 町の主要産業は農業で、町内全域が徳島県版地方創生特区である「アグリサイエンスゾーン」として認定され、タキイ種苗(株)等の水耕栽培によるトマトの研究・生産施設をはじめ近年様々な農業系企業の進出があり、町をあげて既存農業の振興と共に次世代型農業を応援しています。

 また、子どもを産み育てやすい環境づくりを総合戦略の柱に位置づけ、子育て支援にも力を注いでいます。町内7つの保育所(認定こども園含む)と5つの幼稚園・小学校、2つの中学校に加え、県立高等学校や徳島大学生物資源産業学部石井キャンパスなどを擁し、教育環境の充実と共に、第2子以降の保育料無料化や中学校卒業までの医療費無料化など、子育て世帯の経済的負担を軽減する政策に取り組んでいます。

 このホームページでは、石井町が展開する各種事業や暮らしに役立つ情報の提供をはじめ、歴史や文化、観光案内やイベント情報なども分かりやすく掲載することを心がけ、町政の透明化に資するため積極的な情報発信をおこなっていきます。皆様方からのご意見もお寄せください。