避難情報等について

公開日 2021年05月20日

更新日 2021年05月25日

災害対策基本法の改正により、令和3年5月20日から、災害時に発令される避難情報等が一部変更されました。

大きな変更点として、「避難勧告」、「避難指示(緊急)」といった情報が「避難指示」に一本化され、

これまで「避難勧告」を発令していたタイミングで、「避難指示」を発令することになります。

新たな避難情報等の考え方は、次のとおりです。

 

警戒レベル3 高齢者等避難』

 避難に時間が必要な高齢者や障害のある方は、警戒レベル3で危険な場所から避難しましょう。

 

警戒レベル4 避難指示』

 危険な場所にいる方は、警戒レベル4で全員避難しましょう。

 

警戒レベル5 緊急安全確保』

 すでに安全な避難ができず、命が危険な状況です。警戒レベル5の発令を待ってはいけません。

 

避難とは、「難」を「避」けることです。安全な場所にいる方は、避難所に行く必要はありません。

自分自身に避難が必要か、災害時に迷うことなく冷静に判断できるよう、平時から準備しておきましょう。

 

◎避難情報等についての詳しい内容は、こちらをご覧ください。

内閣府作成:新たな避難情報[PDF:683KB]

 

内閣府作成:避難情報ポイント[PDF:1.07MB]

お問い合わせ

危機管理課
TEL:088-674-1171

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード