8月から高額療養費の上限額が変わります(70歳以上の国保加入の方)

公開日 2017年07月11日

世代間の公平や負担能力に応じた負担が図られるよう、高額療養費の自己負担限度額が見直されることとなり、70歳以上75歳未満の方について、平成29年8月から自己負担限度額が変更されます。(見直しは段階的に行われる予定となっており、平成30年8月にも自己負担限度額の変更が予定されています)
 

70歳から74歳の方の自己負担限度額

平成29年7月まで

 
所得区分 自己負担限度額
外来(個人ごと) 外来+入院(世帯ごと)
1現役並み所得者
 
44,400円 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
(4回目以降 44,400円)(*2)
2一般(*1)
 
12,000円 44,400円
3低所得者
 
8,000円 24,600円
8,000円 15,000円

 

平成29年8月から
 
所得区分 自己負担限度額
外来(個人ごと) 外来+入院(世帯ごと)
1現役並み所得者
 
57,600円 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
(4回目以降 44,400円)(*2)
2一般(*1)
 
14,000円
(年間上限:14万4,000円)
57,600円
(4回目以降 44,400円)
(*2)
3低所得者
 
8,000円 24,600円
8,000円 15,000円
  • *1 同じ世帯の70歳から74歳の国民健康保険の被保険者の方で、収入の合計額が520万円未満(1人世帯の場合は383万円未満)の場合や、
    「旧ただし書所得」の合計額が210万円以下の場合も含みます。
  • *2 過去12か月以内に3回以上、上限額に達した場合は4回目から「多数回」該当となり、上限額が下がります。

高額療養費とは

重い病気などで病院等に長期入院したり、治療が長引く場合には、医療費の窓口負担額が高額になります。そのため家計の負担を軽減できるように、一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が払い戻される制度です。

高額療養費の所得区分や申請など、詳しくはこちらをご覧ください

お問い合わせ

組織 住民課
TEL:088-674-1114