熱中症を予防しましょう

公開日 2018年07月20日

 7月に入り、真夏日・猛暑日となる日が増えており、県内でも熱中症による搬送者の増加が報告されています。

 熱中症は、体の水分と塩分の不足で起こります。症状は、めまい、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、吐き気などで、重症になると、死亡することもあります。子ども・高齢者・肥満の人・体調が悪い人・二日酔いの人等は要注意です。

 予防方法

 1. 暑い場所での長時間の作業や運動はできるだけ避けましょう。 
 2. スポーツドリンクなど、水分をこまめにとりましょう。
 3. 体調が悪いときは、無理をしないようにしましょう。
 4. 外出時は、帽子などを着用し、できるだけ直射日光を避けましょう。

 

 対処方法

 

意識があるとき

 

 1. 日差しをさけて、涼しいところに移動しましょう。
 2. 衣服をゆるめからだを冷たいタオルなどで冷やしましょう。(首のまわり、脇の下、の付け根)

 3. スポーツドリンクなどで、水分・塩分をとりましょう。

 

 

 

自力で水が飲めないとき、意識がないとき

 

 すぐに救急車を呼びましょう

01熱中症予防(厚生労働省)[PDF:263KB]

 

 

お問い合わせ

組織 健康増進課
TEL:088-674-0001

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード