セアカゴケグモについて

公開日 2017年05月17日

セアカゴケグモに注意!!

 

 

徳島県内で鳴門市、徳島市、阿南市、松茂町、上板町、吉野川市において、セアカゴケグモが確認されています。

 

●特徴

 

・熱帯から亜熱帯地方に分布し、平成7年以降日本でも確認

・成熟したメスの体長は約1cm、全体は光沢のある黒色で、背中側の中央に赤からオレンジの縦の模様

・オスの体長は約3mmで、腹部が細く、背中側は灰白色で中央に縁取りのある白い斑紋があり、その両側に黒紋が2列

・毒を有するのはメスのみで、オスは無害

 

セアカ(県提供).JPG

 

●生息場所

 

・屋外の建物の隅

・道路脇の側溝の内部や蓋の隙間

・フェンスの基部やベンチの隙間

・庭石・墓石のや窪み

・コンクリートの割れ目     など

 

●みつけた場合

 

セアカゴケグモを発見した場合は、次のように対応してください。

 

1.カメラ等で写真を撮る

      ↓

2.踏みつぶすか市販の殺虫剤を噴霧して、直ちに駆除する

      ↓

3.発見場所と発見個体数を次の連絡先までご連絡ください

 

 徳島県庁 県民環境部 環境首都課 088-621-2263

 石井町役場 福祉生活課        088-674-1116

 

 

●噛まれた場合

 

・ 症 状    

 

疼痛、熱感、掻痒感、紅斑、硬結、区域リンパ節の腫脹などを生じます。

時間から数日で症状は軽減しますが、脱力、頭痛、筋肉痛、不眠などの全身症状が数週間継続することがあります。

また重症の場合、進行性の筋肉麻痺が生じることもあります。

 

 

・ 対 処 

 

傷口を温水や石けん水で洗い流します。

出血があっても包帯や止血帯はしないほうがいいでしょう。

毒をもっていますが、国内で死亡した事例はありません。

慌てずに、できるだけ早く医療機関を受診してください。

(殺虫剤等で駆除したクモを持参すると適切な治療につながります)       

 

 

●予防対策

 

外で作業する際は長袖の服長ズボン足を完全に覆う靴帽子手袋の着用首にタオルを巻くなどして、肌の露出を少なくしてください。

 

セアカゴケグモ自身に攻撃性はなく、驚かされると死んだふりをするなどおとなしい性質なので、素手で捕まえようとしない限り、噛まれることはほとんどありません。

 

 

詳しくは、徳島県ホームページに掲載してあります。

セアカゴケグモについて

 URL:http://www.pref.tokushima.jp/faq/docs/00009409/

セアカゴケグモの駆除について

 URL:http://www.pref.tokushima.jp/faq/docs/00009416/

 

お問い合わせ

組織 福祉生活課
TEL:088-674-1116