徳島市との定住自立圏の形成に関する協定の締結について

公開日 2011年04月05日

 定住自立圏構想とは、地方圏から三大都市圏への人口流出を食い止め、地方圏への人の流れを創出するという観点から、

中心市とその周辺市町村が互いに役割を分担しながら連携、協力をすることにより、圏域内の住民が安心・快適に暮らし

続けることができるよう必要な生活機能を確保し、圏域全体の活力を高め、人口の定住化を促進し、地域を活性化するこ

とを目的としています。

 石井町をはじめとした徳島東部地域の12市町村(徳島市、小松島市、勝浦町、上勝町、佐那河内村、石井町、神山町、

松茂町、北島町、藍住町、板野町、上板町)では、定住自立圏構想の実現に向け、協議を進めてきましたが、各市町村議

会の議決を経て、平成23年3月30日、徳島東部地域定住自立圏形成協定合同調印式を開催し、定住自立圏の形成に関

する協定を締結しました。

 協定書の内容は次のとおりです。

徳島市との定住自立圏の形成に関する協定書.pdf(145KBytes)

 

※なお、定住自立圏構想の制度の詳細については、総務省:定住自立圏構想をご覧下さい。 

 

 

 

お問い合わせ

組織 総務課
TEL:088-674-1111

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード